トイプードルがかかりやすい病気|病気の予防と健康管理について

トイプードルがかかりやすい病気

トイプードルは活動的で健康的な犬種ですが、遺伝などによる先天的な疾患がいくつかあります。

 

ここでは、いくつかある先天的な疾患の中でも特に気をつけたい病気についてご紹介していきます。

 

愛犬と楽しい毎日を過ごす為にも日頃から愛犬の健康管理には気を配り、何かおかしいと異変を感じることがあればすぐに最寄りの獣医師に相談するようにしましょう。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

膝蓋骨とは膝のお皿の骨の事です。

普段あまり見ることがない難しい漢字と読み方なので初めて見るという方もいるかもしれませんね。

簡単に言いますと、膝のお皿が正常な位置からズレている病気の事です。

 

生まれつきお皿の骨がずれている場合と、普段生活している中で階段から落ちた、何かに足をぶつけた等外からの力が加わる事によって骨がずれてしますケースに分かれます。

 

人間で考えても分かるように骨がずれるとかなり痛みが生じますので、歩き方がおかしくなったり、引きずるように歩いたりします。

 

もし、あなたの愛犬がそのような歩き方をしていたら要注意です。

 

どんな治療をするかと言いますと脱臼した骨を元の位置に戻す処置が必要になります。

 

人間の場合であれば整骨院に通ったり、整形外科に通うという処置が必要になりますが、犬の整形外科というのはありませんので最寄りの獣医科に連れて行くことになります。

 

脱臼しない為には予防するのが一番です。

 

床にはじゅうたんを敷くなどして滑りにくくしておく、階段を登る時、階段を降りる時にはあまりジャンプをさせない等、飼い主として工夫が必要になります。

目の病気

プードルは目の病気にかかりやすい犬種です。

特に涙によって目の周りの毛が変色する涙やけを起こしやすいです。

 

涙が多く出る病気は流涙症と呼ばれ、さまざまな原因がありますが、結膜炎や角膜炎といった目の炎症が影響していることもあります。

 

また、白内障や緑内障にかかって視力が低下したり、失明に至るケースもあります。

 

人間と同じように定期検査を受ける習慣を付けるという事も選択肢の一つです。

てんかん

てんかんは脳の病気で、先天的もしくは腫瘍や脳炎などの後天的な原因で発症します。

 

てんかんの症状としては体が硬直する、嘔吐を繰り返す、泡をふく、ブルブルと震え出す等の症状があります。

 

こういう症状が出たら突然倒れたり、ひっくり返るという事も考えることが出来ます。

 

発作が治ると、何事もなかったように普通の状態に戻る事が多いのですが、一度でも発作を起こしたら、必ず動物病院に連れて行くようにしましょう。

 

抗てんかん薬を投与することで病状をコントロールできる場合があります。