ワンちゃんに対するコマンドの出し方はどうすればいい?

家族など複数でワンちゃんを飼う場合のコマンドはコマンドは必ず統一する!

今回は愛犬をしつける上で大切なコマンド(命令)についてお伝えしていきます。

 

人間が使う言葉でも同じですが、相手に何かを伝える時にだらだらと伝えても結局は何が言いたいか分からない、言葉の趣旨が理解出来ない、分からないという事は良くあることです。

 

これを愛犬のしつけに照らし合わせてみるとどうなるか?

犬は人間の言葉は理解出来ません。

 

でも、名前を呼ぶとしっぽを振って近寄ってきたり、お座りと言えばお座りしたり、待てと言えば、飼い主が次の指示を出すまではきちんと待つという風になっていきます。

 

これは飼い主がきちんとしつけをした結果、愛犬が言葉を理解して自分がしなければいけない行動を理解したからです。

 

犬は訓練する事によって飼い主が発する声を聞き分けたり、その声によってどう行動するかを判断して、実際に行動するようになります。

 

こういう指示、命令 ⇒ 犬が理解 ⇒ 行動 という一連の流れを改めて考えてみるとコマンド(命令)の言葉は短い方が良いという事が分かってきます。

 

例えば、食糞(自分のウンチを食べてしまうこと)しようとしているトイプードルを見つけて、叱るとします。

 

その時、あなたが「ウンチは食べ物じゃないんだから、口に入れてはいけないよ」などと、話しかけても、トイプードルに理解出来る訳がないですよね。

 

前述したようにトイプードルには人間の言葉を理解する機能がないのですから。

 

長い言葉で発するよりも簡単な方法は、短く一言、「ダメ!」というほうが、はるかに効果があるのです。

 

家族で飼っている場合はコマンドの統一が必要!

家族で飼っている場合は、コマンドを家族間で統一しておく必要があります。

 

例えば、おすわりという芸当を教える時に、

お父さんは「オスワリ!」と言い、
お母さんは「スワレ!」と言い、
子どもは「シット!」(英語で座れの意味)
と言っていたとします。

 

指示を出す人によって、指示の仕方や言い方がバラバラになっているとワンちゃんも困ります。

 

また、伝わるのにすっごく時間がかかってしまいます。

 

犬は言葉を理解して行動しているのではなく音で聞き分けて行動しているのですから。

 

コマンドは短くして、統一するということが、とても大切な要素になります。

 

先ほどの例で言えば、家族の誰がコマンドを出しても「おすわり」を教える際には、みんなが「オスワリ」に統一するという事ですね。

 

そうする事によってお父さんでもお母さんでも、お子さんでも同じコマンドで命令するようになり、ワンちゃんの理解、行動も早くなるという訳です。