トイプードルの基本的なしつけ方について~飼い始めが肝心と言うお話!

トイプードルは生まれつき頭が良く、無駄吠えが少ない犬種なので、とても飼いやすい犬です。

頭がいいので訓練しやすいので、子供の頃から基本的なしつけをきっちりと行っておけば問題行動を起こす事は少ないと言えます。

 

飼い主によってしつけを行う時期は異なりますが、その後の事を考えると生後2~3ヶ月からトイレトレーニングや、飼い主以外の人間や他の犬に慣れさせるしつけをしておいた方が後々楽になります。

頭がよい犬種なので、飼い主が甘やかしすぎるとワガママに育つ場合があります。

 

わがままに育ってしますと要求吠えや決まった所でおしっこやうんちをしない等の問題行動を起こす場合があります。

 

そうならない為にも早めにしつけを行うのが望ましいと言えます。

トイプードルの飼い方について

トイプードルのトリミング

トイプードルは毛が抜けにくいので、家の中で飼うのに適した犬です。

その反面、毛が伸びて毛玉になりやすいため、日頃からのお手入れに時間と手間がかかります。

通常は最低でも1ヶ月に一度くらいのペースでトリミングが必要となります。

毛玉を作らない為には、できれば毎日ブラッシングをするのが理想的です。

 

ブラッシングを毎日行う為には、体を触られても嫌がらないように日頃からしつけをしておく事が大切です。

 

撫でたり、抱っこしたり、一緒に遊んだりとスキンシップを行いながら飼っているトイプードルが全身を触られることに慣れさせていきましょう。

 

トイプードルは皮膚疾患にかかりやすい犬なので、毎日ラッシングを行う事で飼い主が皮膚に異常を見つけやすくなります。

 

歯周病にもかかりやすいので、歯磨きも毎日行うようにしていきたいですね。

トイプードルの運動はどの程度行えばいい?

トイプードルは飼い主に従順でフレンドリーな性格をしているので人と遊ぶのが大好きな犬です。

 

人に慣れさせる意味でも出来るだけ毎日コミュニケーションの時間を作るようにしましょう。

 

賢いので知育用のオモチャを使って遊ばせるのもおすすめです。

 

活発な性格なので、しっかり運動させることも大切。毎日たっぷりと散歩の時間を作ってあげて下さい。