ワンちゃんのいいほめ方・悪いほめ方ってあるの?

愛犬の適切なほめ方・叱り方はこうすればいい!

トイプードルのほめ方・叱り方

室内犬である愛犬・トイプードルをしつける際には、褒める時も叱る時もその場でタイムリーに行う必要があります。

 

成犬になる前は、それこそ毎日のように叱らなければいけない事もあります。

 

子犬の間であれば甘噛み、無駄吠え、飛びつき、散歩した時に自分勝手に先に歩こうとする 等々、色々なケースがあります。

 

その度で叱るという事は根気が必要であり、忍耐力も必要になります。

 

でも、それをやらないと飼い主と愛犬とのいい主従関係を築くことが出来ないのです。

 

叱る時は長々、ダラダラと叱る必要はありません。

何か悪いことをしたら「ダメ!」と言えばいいんです。

 

叱る時は表情もきつくして、愛犬の目を見ながら「ダメ!」と短い言葉でハキハキと叱りましょう。

 

今したことについて叱っているんだよ。

これはしてはしてはいけない事なんだよ

・・・と何回も何回も叱ることによって覚えさせていきます。

 

これを繰り返し行っていく事で、いけない事だと理解して悪い事を自然にしなくなっていきます。

 

逆にいい事をした時には褒めてあげないといけません。褒める事も大切なしつけの一つです。

 

褒める時は甘やかしていいという人もいますが、私はそうは思いません。

 

褒める時も短い言葉で「良い子!」とか「よし!」と短かくテキパキと褒めてあげたらいいと思っています。

 

そして、おまけ程度に頭や体に触れてあげれば十分です。

 

あまりおおげさに褒め過ぎるとワンちゃんが勘違いする事もあります。

 

どんな勘違いかと言うと、トイプードルに人間が擦り寄っていると思うんです。

 

ペットは家族であると共に人間が上で、ペットはあくまでも人間よりも下で主従関係があるという事を常に意識しておく事が必要だと私は思っています。